予防歯科・小児歯科

歯を痛める前に、知っておいてください。歯を健康に保つための歯科治療のこと。

「虫歯になっても、治療すればいい」と  思っていませんか?

骨や皮膚は、自分で自分を治す力を持っています。ケガをしても適切な治療を行えば、ある程度ケガをする前の状態に戻すことができるのはそのためです。しかし、歯には自然治癒力がありません。欠けた歯を再生させたり、虫歯であいた穴をもとどおりにすることはできないのです。
歯科治療を行っても、人工的に欠けた部分を補填しているに過ぎません。一度削ってしまった歯は、もう2度ともとの姿に戻ることはできないのです。ですから、歯を痛めない「予防」と、悪化させないための「メンテナンス」が大切になってきます。

予防歯科って何をするの?

フッ素塗布

虫歯は、細菌の出す酸が歯を分解してしまうことで起こります。フッ素には抗菌作用があり、また歯の表面を堅く丈夫にしてくれるので、塗布することで虫歯に強い歯をつくることができるのです。 フッ素塗布は、歯の表面が弱い乳歯や生えたばかりの永久歯の虫歯予防に効果的です。一番奥の永久歯が生えるまでは、定期的に行うことをお勧めします。

シーラント

シーラントとは、奥歯の上にある溝をプラスチックで埋めて、食べカスなどが入り込むことを防ぐ予防法です。奥歯は複雑な形状をしているので、歯磨きをしていても、なかなかすべてをきれいにすることができません。シーラントとフッ素塗布をあわせて行うことで、虫歯からお子様の歯を守ることができます。治療は一日で終わります。

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は一言で言うと、歯医者で行う専門的な歯のクリーニングです。
歯に残った歯垢(プラーク)は、細菌と結びついてバイオフィルムを形成します。これがお口の中を酸性にし、虫歯になりやすい環境をつくってしまいます。それを防ぐため、毎日の手入れでは落としきれない汚れや着色、歯と歯の間の汚れなどを専用機器できれいに落とし、磨き上げます。 PMTCは、大人の方の予防歯科です。ぜひ定期的に受けていただき、健康なお口を維持してください。

家庭でできる虫歯予防とは?

虫歯は「ミュータンス菌」という細菌の感染によっておきます。この菌は生後6ヶ月~3歳の間に最も感染しやすく、一度感染すると0にすることはほぼ不可能です。ですからお子様の虫歯予防には、ミュータンス菌に感染させないことが重要になってきます。まず親御さんがきちんと歯科治療を行うことと、食べ物の口移しは避けること。またミュータンス菌は砂糖を栄養源とするので、必要以上の間食をさせないこと、歯磨きをしっかりすることが重要です。

本当は怖い歯の病気

外傷以外の歯のトラブルは、口の中のバイキンが原因となる場合が多くあります。歯周病もそのひとつで、これは歯垢(プラーク)が原因で発症します。歯垢は口の中の常在菌とその代謝物でできていて、口内の衛生状態が悪くなると悪い細菌が増え、歯周病や虫歯の原因となるほか口臭のもとにもなります。 これらの菌は口内に留まらず、唾液や血液と一緒に体内に入ります。それが近年、様々な病気の原因として注目されるようになってきました。特に病気で抵抗力が落ちているときや高齢者に歯周病があると、その菌が体をまわり、肺炎や心臓病などの原因になる可能性が指摘されています。 それらの病気を防ぐためにも、プラークコントロールをして、歯垢を口内から減らす必要があります。プラークコントロールには歯磨きのほか、規則正しい食生活、定期的な歯石除去、虫歯の治療などがあげられます。

木曜・祝日も診察、土曜日も夜8地まで 月曜から土曜 日曜休診 午前 9時40分から13時 午後 15時から20時 0566-84-4618