インプラント

自分の歯を取り戻したような感覚の「第二の永久歯」

「虫歯になっても、治療すればいい」と  思っていませんか?

インプラントは、失われてしまった歯のかわりに顎の骨に人工の歯(インプラント)を埋め込む治療方法です。
見た目や手入れの方法も自分の歯と変わらず、患者様にかかるストレスが格段に少なくてすみます。そして一番のメリットは、治療の際に他の歯を削ったり抜いたりする必要がなく、健康な歯を損ねずに治療が行える点です。顎の骨に歯を埋め込むので手術が必要ですが、メンテナンスを適切に行えば、治療後何十年も健康な歯を維持できる治療法なのです。

予防歯科って何をするの?

なくなってしまった歯の治療法には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、患者様のお口の状態や、生活上重視する点などを考慮して治療方法を決定することが大切です。

入れ歯(部分入れ歯) ブリッジ インプラント
治療方法 人工の歯を、バネで両隣の歯に固定する。
失った歯の両隣の歯を削り、その2つに人工の歯を被せる。その2つの真ん中にくっつける形で人工の歯を固定する。
顎の骨に穴をあけ、人工の歯(インプラント)を埋め込む。
メリット ・材質にこだわらなければ保険が適用される。
・健康な歯を削ったり、抜いたりする必要がない。
・治療期間が短い(一ヶ月程度)。
・材質にこだわらなければ保険が適用される。
・固定式のため、違和感が少ない。
・健康な歯を削ったり、抜いたりする必要がない。
・ほぼ自分の歯と同じように咬むことができる。
・違和感が少なく、仕上がりが美しい。
デメリット ・バネが外から見えてしまう。
・バネをかけた両隣の歯に負担がかかり、将来的に歯を失う原因になりかねない。
・自分の歯に比べて咬む力が落ち、咬み心地がよくない。
・取り外し式のため、ガタつきがあり、違和感を感じる。
・毎日の手入れが必要。
・両隣の歯に被せ物をする際、健康な歯であっても削らなければならない。
・両隣の歯で人工の歯を支えるために負担がかかり、将来的に歯を失う原因になりかねない。
・多くの歯を失ってしまった後では行えない。
・ブリッジと歯ぐきの間に食べ物のカスなどが詰まりやすく、口内が不衛生になりやすい。
・保険が適用されず、費用が高額(※)。
・治療期間が長い(4~8ヶ月程度)。
・骨粗鬆症や糖尿病などの疾患がある場合は、治療できない場合がある。
※医療費控除は受けることができます。

家庭でできる虫歯予防とは?

料金表にのっとり、健全な明朗会計を行っています。
詳しくは料金表をご覧ください。
詳細はこちら
当院のインプラントの特徴

インプラントは日本に紹介されてから40年程度とまだ歴史の浅い治療法ですが、安全性、機能性ともに急速に進化しています。当院の院長は、1972年に創設され、最先端の教育研修を行う「国際デンタルアカデミー」のアストラインプラントコースを修了。幅広い見識と人脈を生かし、常に新しい症例や治療方法を研究して患者様に最適な治療を提供できるよう、研鑽を積んでいます。

徹底した衛生管理

感染症を防止するため、患者様のお口の中に直接ふれる器具類はホルマリンガスでガス滅菌しています。スタッフ教育も徹底し、衛生に関してはどこにも負けない自信があります。

最先端のパノラマレントゲンを導入

顎や歯の状態を知るために不可欠なパノラマ撮影、セファロ(頭部X線企画写真)撮影を正確に行うため、最新のレントゲン機器を導入しています。X線照射線量も大幅に低減された最新機器です。

インプラントの保証について

3ヶ月に1度の定期検診を受けていただいている方には5年間の保証(全額当院負担)を設けています。

<保証が適用されない場合>
・3ヶ月に1度の定期検診を受診されなかった場合。
・インプラント以外の部位に適正な治療を行わず放置されたことにより、インプラント部位に過大な力がかかってしまった場合。
・インプラントに悪影響を及ぼす糖尿病などの病気にかかってしまった場合。

治療の流れ

STEP1 相談 30分程度

1回目の診療では、お口の状態を診察してインプラントが可能か、可能であれば期間と費用はどのくらいかをお話します。今までの症例もお見せしながら患者様の希望や必要性を伺い、今後の方向性をご相談します。

STEP2 精密検査 1時間程度

より正確にお口の状態を調べるため、歯や顎まわりのレントゲン、歯形の採得、お口の健康状態の検査などを行います。

STEP3 診断  30分程度

検査結果をコンピューターで分析して総合的に判断し、わかりやすくご説明します。 具体的な治療計画をたて、患者様のご意見を可能な限り尊重して治療方法を決定します。

STEP4 一次手術  30分から1時間程度

局部麻酔を行ってから顎の骨に穴を開け、インプラントの人工歯根を埋入します。 歯ぐきが治癒し、埋入した人工歯根と骨がしっかり結合されるまで治癒期間をおきます(下顎 3ヶ月、上顎 6ヶ月)。

STEP5 二次手術  30分程度

人工歯根と骨の結合を確認します。 インプラント部分を含めた口内全体を型取りして、人工の歯の作成に取りかかります(作成には1~2週間かかります)。

STEP6 人口歯セット 30分程度

できあがった人工の歯を、インプラントに取り付けます。全体のバランスや咬み合わせの状態などを診て、完成です。

STEP7 定期検診・メンテナンス

インプラントを長い期間健康に使い続けていただくためには、口腔内を清潔に保つ必要があります。歯磨き指導で適切なホームケアを指導させていただくほか、3ヶ月に1度の定期検診で歯の状態や咬み合わせを確認します。
患者様の声
before 治療前
インプラント治療中
after 治療後
インプラント治療後
お名前: T.K様(女性)
治療: インプラント(右下奥から3本)
年齢: 69歳
治療にかかった期間: 約5ヶ月
治療にかかった費用: 1本30万円くらい
来院のきっかけ  右下奥歯から3本を入れ歯にしていましたが、固い物がうまくかめず自然と反対側の歯ばかりを使うようになりました。バランスよく両方使わないと良い歯が早く悪くなりそうで、とても気にしていました。
初めは、インプラントって高そう、やってもらう時に痛そう、もっと若い人がやるもの、というイメージを持っていました。しかしよく説明をお聞きし、安心してインプラントを受けることができました。やってみてよかったです。
治療方針と治療の経過・アフターフォロー
--
ご感想
インプラントの良さは、食事のときにつくづく感じます。
ここでインプラントを行おうと決めたのは、歯の検診に行ったとき、とても丁寧に治療していただいたことや、先生、スタッフの方々の印象がとても良かったからです。
食事のときにつくづくインプラントをしてもらってよかったと思います。インプラントってどう?とよく同年代の方に聞かれます。そのときは、最初抱いていた気持ちに比べ、終わってから良いと感じることが大変多いということを話しています。
患者様の声はこちら
木曜・祝日も診察、土曜日も夜8地まで 月曜から土曜 日曜休診 午前 9時40分から13時 午後 15時から20時 0566-84-4618